Mizuno 
Web Site

シンボルマーク

 

新着情報

プロフィール

研究

教育

連絡先

 

 

*  研究活動

 

*  研究テーマ

身体運動に対する筋・腱の適応や、身体運動のメカニズムに関する研究を進めています.

 

 


具体的テーマは、

『ストレッチング』

@静的・動的ストレッチングが身体機能に及ぼす影響

● 静的ストレッチングが柔軟性特性に及ぼす影響

● 静的ストレッチングの効果持続時間

● 静的ストレッチングによる筋力低下の持続時間

● ダイナミックストレッチングが柔軟性特性に及ぼす影響

● ダイナミックストレッチングの効果持続時間

● 柔軟性と脳の関係

A静的ストレッチングと電気刺激の組み合わせが身体機能に及ぼす影響

 

『人工炭酸泉』

人工炭酸泉への入浴が身体機能に及ぼす影響

 

(今後広げていきたいと考えています)

 

 

 

 

*  原著論文

1.     Takamasa MizunoNew

Combined effects of static stretching and electrical stimulation

on joint range of motion and muscle strength

Journal of strength and conditioning research, Epub ahead of print.

 

2.     Takamasa Mizuno

Changes in joint range of motion and muscle-tendon unit stiffness after varying

amounts of dynamic stretching

Journal of Sports Sciences, 2017, 35(21), 2157-2163.

 

3.     Takamasa Mizuno, Yu Aramaki (読売新聞,ヤフーニュース等に掲載されました)

Cathodal transcranial direct current stimulation over the Cz increases joint flexibility

Neuroscience Research, 2017, 114, 55-61.

 

4.     Shigehiko Ogoh, Ryohei Nagaoka, Takamasa Mizuno, Shohei Kimura, 

Yasuhiro Shidahara, Tomomi Ishii, Michinari Kudoh, Erika Iwamoto

Acute vascular effects of carbonated warm water lower leg immersion

in healthy young adults

Physiological Reports, 2016, 4(23), e13046.

 

5.     Takamasa Mizuno, Yoshihisa Umemura

Dynamic stretching does not change the stiffness of the muscle–tendon unit

International Journal of Sports Medicine, 2016, 37(13), 1044-1050.

 

6.     王 国棟、本田 亜紀子、水野 貴正、原田 健次、十河 直太、梅村 義久

発育期雄ラットにおけるジャンプトレーニングと高リン食摂取が骨に及ぼす影響

体力科学, 2015, 64(3), 295-304.

 

7.     Takamasa Mizuno, Minoru Matsumoto, Yoshihisa Umemura

Stretching-induced deficit of maximal isometric torque is restored within 10 minutes.

Journal of strength and conditioning research, 2014, 28(1), 147-153.

 

8.     梅村 義久、本田 亜紀子、原田 健次、十河 直太、水野 貴正

2週間のジャンプトレーニング期間における血清FGF23の動態

中京大学体育研究所紀要, 2014, 28.

 

9.     Takamasa Mizuno, Minoru Matsumoto, Yoshihisa Umemura

Decrements in Stiffness are Restored within 10 min.

International Journal of Sports Medicine, 2013, 34(6), 484-490.

 

10.  Takamasa Mizuno, Minoru Matsumoto, Yoshihisa Umemura

Viscoelasticity of the muscle-tendon unit is returned more rapidly than range of

motion after stretching.

Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports, 2013, 23(1), 23-30.

 

11.  水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

人工炭酸泉への入浴時間の違いが関節可動域に与える影響

日本生気象学会誌, 2013, 49(4).

 

12.  梅村 義久、水野 貴正、松本 実

中高齢肥満ラットにおけるジャンプトレーニングが耐糖能に及ぼす影響

中京大学体育学論叢, 2012, 53(1).

 

13.  水野 貴正、中野 匡隆、松本 実、松本 孝朗、梅村 義久

人工炭酸泉浴が関節可動域と筋の弾性に与える影響

日本生気象学会誌, 2011, 48(1).

 

14.  十河 直太、山下 直之、水野 貴正、梅村 義久

ラットのジャンプトレーニングが線維芽細胞増殖因子(fibroblast growth factor 23)の血清

濃度に及ぼす影響

中京大学体育研究所紀要, 2011, 25.

 

15.  水野 貴正、松本 実、梅村 義久

静的ストレッチが非ストレッチ脚の最大背屈角度、受動トルクに与える影響

中京大学体育学論叢, 2010, 52(2).

 

16.  T. Inami, T. Shimizu , C. Y. Woo, T. Mizuno, H. Miyagawa, M. Inoue, T. Nakagawa, F.

Takayanagi, S. Niwa

Movement of gastrocnemius muscle tendon by ankle joint passive

plantar/dorsiflexion exercise. Changes by knee joint flexion angle.

Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche, 2010, 169(4).

 

 

 

*  資料・報告書

1.     水野 貴正New

特集 【電気生理学的研究手法の最新トピック 〜トレーニング科学への応用可能性〜】

経頭蓋直流電気刺激(tDCS)による中枢神経興奮性の修飾とトレーニング科学への応用

トレーニング科学, 2018, 29(3), 205-214.

 

2.     水野 貴正

定例研究会報告「ストレッチング・サイエンス〜ストレッチング研究の成果を現場に生かすために〜」

中京大学体育研究所紀要, 2017, 31, 89-95.

 

3.     水野 貴正

ラムネのお風呂

健康への道, 2016, 123, 3-4.

 

4.     水野 貴正

ウォーミングアップ、再考!

健康への道, 2015, 119, 3-4.

 

5.     水野 貴正

平成26年度コロキウム発表要旨 演題「ストレッチングの有効性と有用性」

総合保健体育科学, 2015, 38(1).

 

6.     稲見 崇孝、清水 卓也、水野 貴正、野坂 和則

ヒト骨格筋に対するストレッチングが筋硬度に及ぼす影響 〜超音波組織弾性イメージング技術

ultrasound elastography)と音響カプラーによる定量的評価〜

上月財団第11回スポーツ研究助成事業, 2013.

 

7.     本田 亜紀子、水野 貴正、王 国棟、原田 健次、瀧本 未来、梅村 義久

トレーニングがラット血清FGF23濃度に及ぼす影響 ―ジャンプトレーニングを用いて―

中京大学体育研究所紀要, 2013, 27.

 

8.     梅村 義久、水野 貴正、松本 実、十河 直太

ジャンプトレーニングが活性型ビタミンDの血清濃度に及ぼす影響

中京大学体育研究所紀要,  2012, 26.

                                                                                                               

 

 

*  学会発表(演者)

1.     水野 貴正New

ダイナミックストレッチング中のストレッチングペースの違いが柔軟性や主観的疲労度に

及ぼす影響

31回日本トレーニング科学会大会, 2018, 10.

 

2.     水野 貴正New

ダイナミックストレッチング中のストレッチング可動域の違いが柔軟性に及ぼす影響

73回日本体力医学会, 2018, 9.

 

3.     水野 貴正New

10秒間の静的ストレッチングによる足関節可動域の増加に男女差はない

69回日本体育学会, 2018, 8.

 

4.     水野 貴正

静的ストレッチング中の筋に対する電気刺激が筋力や柔軟性に及ぼす影響

72回日本体力医学会, 2017, 9.

 

5.     水野 貴正

ダイナミックストレッチング後の関節可動域増加率を高めるための因子の検討

71回日本体力医学会, 2016, 9.

 

6.     水野 貴正

ダイナミックストレッチングにおけるストレッチング回数の違いが関節可動域と筋腱特性に

及ぼす影響

28回日本トレーニング科学会大会, 2015, 11.

 

7.     水野 貴正

ダイナミックストレッチングによる柔軟性指標の経時変化

70回日本体力医学会, 2015, 9.

 

8.     水野 貴正

ダイナミックストレッチングが柔軟性指標に及ぼす影響

66回日本体育学会, 2015, 8.

 

9.     T. Mizuno, Y. Aramaki:

Cathodal transcranial direct current stimulation over primary somatosensory cortex

increase joint flexibility.

44th annual meeting of society for neuroscience, 2014, 11.

 

10.  水野 貴正、荒牧 勇

体性感覚野への経頭蓋直流電気刺激が足関節の柔軟性に及ぼす影響.

7Motor Control研究会, 2013, 9.

 

11.  水野 貴正、荒牧 勇

体性感覚野への経頭蓋直流電気刺激は足関節の最大背屈角度を増大させる.

64回日本体育学会, 2013, 8.

 

12.  水野 貴正、松本 実、梅村 義久

5分間の静的ストレッチング直後の筋力低下は10分以内に戻る.

67回日本体力医学会大会, 2012, 9.

 

13.  水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

人工炭酸泉浴が足関節背屈可動域に与える影響.

16回人工炭酸泉研究会, 2011, 12.

 

14.  水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

人工炭酸泉浴への入浴時間の違いが足関節背屈可動域と受動トルクに与える影響.

50回日本生気象学会大会, 2011,11.

 

15.  水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

人工炭酸泉浴が足関節背屈可動域と受動トルクに与える影響:効果持続時間の検証.

62回日本体育学会, 2011, 9.

 

16.  水野 貴正、梅村 義久

静的ストレッチによる筋腱複合体スティッフネス変化の効果持続時間.

23回日本トレーニング科学会大会, 2010, 12.

 

17.  水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

人工炭酸泉浴が筋の弾性に与える影響.

65回日本体力医学会大会, 2010, 9.

 

18.  水野 貴正、松本 実、梅村 義久

筋腱複合体の粘弾性がしゃがみ込み動作の可否に与える影響.

14回日本体力医学会東海地方会学術集会, 2010, 3.

 

19.  水野 貴正、松本 実、梅村 義久

ストレッチング後の時間経過に伴う筋腱複合体の弾性変化.

60回日本体育学会, 2009, 9.

 

 

 

*  学会発表(共同研究)

1.     辻本 典央、水野 貴正、井上 功一郎、布目 寛幸、池上 康男

ランニング支持期における後足部外反モーメントの発生要因 接地パターンによる比較

24回日本バイオメカニクス学会大会, 2016, 9.

 

2.     王 国棟、本田 亜紀子、水野 貴正、原田 健次、十河 直太、梅村 義久

ラットの高リン食とジャンプトレーニングが骨に及ぼす影響

19回日本体力医学会 東海地方会学術集会, 2015, 3.

 

3.     Inami T., Ozawa M., Mushika Y., Mizuno T., Shimizu T., Lau WY., Nosaka K.

Effect of static stretching on flexibility and muscle hardness assessed by ultrasound

erastgraphy

19th annual congress of the European college of sport science, 2014, 7.

 

4.     吉子 彰人、水野 貴正、梅村 義久

静的ストレッチングが走行後の筋力発揮とランニングエコノミーに与える影響.

63回日本体育学会, 2012, 8.

 

5.     Takahide Kato, Masataka Nakano, Takamasa Mizuno, Toshiyuki Ohya,

Takaaki Matsumoto

Effect of altitude training at 1800m for four days on ventilatory or chemosensitivity.

59th Annual meeting of American college of sports medicine, 2012, 6.

 

6.     稲見 崇孝、清水 卓也、杉山 悠、水野 貴正、宮川 博文、井上 雅之、中川 武夫、高柳 富士丸,

丹羽 滋郎

足関節他動的背屈保持にともなう腓腹筋筋腱移行部の移動量 -異なる膝関節角度による検討-.

35回日本整形外科スポーツ医学会学術集会, 2009, 8.

 

7.     稲見 崇考、清水 卓也、水野 貴正、崔 溶祐、宮川 博文、井上 雅之、中川 武夫、高柳 富士丸、

丹羽 滋郎

メディカルストレッチングの神経生理学的メカニズム -超音波画像による検討-.

13回日本体力医学会東海地方学術集会, 2009, 3.

 

8.     稲見 崇考、清水 卓也、崔 溶祐、水野 貴正、宮川 博文、井上 雅之、中川 武夫、高柳 富士丸、

丹羽 滋郎

足関節他動的運動による腓腹筋腱の移動量 -膝関節屈曲角による変化-.

19回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2008, 11.

 

9.     中野 匡隆、森 博康、大家 利之、水野 貴正、塚中 敦子、小粥 隆司、伊藤 僚、天野 雅斗、

山下 直之、後藤宏章、松井 信夫、松本 孝朗

伸張性収縮運動後の筋肉痛(遅発性筋痛)に対する人工炭酸泉の効果.

12回人工炭酸泉研究会, 2007, 11.

 

 

 

*  受賞暦

1.     22回(平成25年度)日本生気象学会研究奨励賞.

52回日本生気象学会大会, 2013, 11.

 

2.     50回日本生気象学会大会 若手・学生発表コンテスト 優秀賞.

50回日本生気象学会大会, 2011, 11.

 

 

 

*  学位論文

1.     【博士論文】 静的ストレッチング後の時間経過に伴う関節可動域、筋および腱のスティフネス、

発揮トルクの変化. 2013, 3.

 

2.     【修士論文】 ストレッチング後の時間経過に伴う筋腱複合体の弾性変化. 2009, 3.

 

 

 

*  研究費獲得状況(全て研究責任者)

1.     20182021科学研究費助成事業 基盤研究(C) New

 

2.     2016. 8  ブレース・フィット合同会社との共同研究契約を締結

 

3.     2016. 7  花王株式会社との共同研究契約を締結

 

4.     20162018 科学研究費助成事業 若手研究(B)

 

5.     2016 公益財団法人 ヤマハ発動機スポーツ振興財団 スポーツチャレンジ研究助成

 

6.     20142016 科学研究費助成事業 若手研究(B)

 

7.     2014. 42014. 9 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

 

 

 

*  学会関係

1.     2016. 4〜 日本体力医学会東海地方会 幹事

 

2.     2018. 10 31回日本トレーニング科学会大会 実行委員New

 

3.     2016. 42019. 3 日本トレーニング科学会 監事

 

4.     19回 日本体力医学会東海地方学術集会 実行委員

 

5.     19回 日本体力医学会東海地方学術集会 座長(一般発表)

 

6.     15回 日本体力医学会東海地方学術集会 実行委員

 

 

 

*  ゲスト査読員

European Journal of Sport Science

International Journal of Sport and Health Science

International Journal of Sports Medicine

Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports

Plos One

トレーニング科学